預言書としての詩篇

愛される詩篇。その麗しさだけでなく、嘆き、呻きも共感を呼ぶが、預言書としての深い真実があることを解きほぐす。そのほか、つれづれに。

いつも、急に。

いつもそうですが、急きょ、葬儀が入りました。
しかも今回は遠方なので、2~3日、更新が滞ります。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

コメントは必須項目です。