預言書としての詩篇(から始まって、今や、様々)

愛される詩篇。その麗しさだけでなく、嘆き、呻きも共感を呼ぶが、預言書としての深い真実があることを解きほぐす。そのほか、つれづれに。

言葉のトリック

前首相は、約束を破ったときに「新しい判断」だと言って誤魔化した。


それと同じく、異常な状態であることを「ニューノーマル」という言葉で誤魔化すのはケシカラン。


ニューノーマルなんか、まっぴらゴメンだ。


普通の生活、ノーマルがいい!

毛皮を肯定するわけではないけれど…(Ⅱコリント5:1~4)

5:1 私たちの住まいである地上の幕屋がこわれても、神の下さる建物があることを、私たちは知っています。それは、人の手によらない、天にある永遠の家です。
5:2 私たちはこの幕屋にあってうめき、この天から与えられる住まいを着たいと望んでいます。
5:3 それを着たなら、私たちは裸の状態になることはないからです。
5:4 確かにこの幕屋の中にいる間は、私たちは重荷を負って、うめいています。それは、この幕屋を脱ぎたいと思うからでなく、かえって天からの住まいを着たいからです。そのことによって、死ぬべきものがいのちにのまれてしまうためにです。



 イスラエルが約束の地へと向かう旅の途上、幕屋(テント)で暮したように、私達の魂も、天国へと向かう旅の途中である地上では、「体」という幕屋の中での仮住まいである。


 仮住まいには当然、不都合があるし、いつかはそこを出なければならないときが来る。すなわちだ。しかし私達は、神の下さる建物(新しい体、復活の体)があることを知っているし、そこに入れば安心だ。


 ただ、それでも決して、この体を脱ぎたいのではない(死にたいのではない)、『かえって天からの住まいを着たい』とパウロは言う。その結果、『死ぬべきものが命にのまれてしまう』のだと。これは、どう理解すべきだろうか。


 例えば、寒い冬にTシャツ1枚ではつらい。役に立たないと言ってもいい。だからと言って、Tシャツを脱ぎたいか。いや、むしろ、着たいのだ。できれば、Tシャツの上から毛皮のコートにすっぽりと包まれてしまいたい。そうすれば、もはや、Tシャツの欠点は無意味だ。むしろ1枚多い分温かい。これが、『天からの住まいを着る死ぬべきものが命にのまれてしまう』ということに近いと言えるだろう。


 それでは、今の幕屋(体)の上から、更にオーバーコートのように「天からの住まい」を着るためにはどうすればいいのか。


 それは、具体的には、「神の守り、安心、平安、恵み…」、すなわち「神への信頼」を身に付けることである。これに包まれれば、どんな荒野も、寒い冬も乗り越えられる。最強のヨロイ・最高のコートだ。


 それを可能とするのが聖霊である。御霊の働きによって私達は、主と同じかたちに姿を変えられて行くまだ地上での幕屋を脱いでいないにもかかわらず、復活の主と同じ天からの住まい(新しい体)を着たかのように希望と喜び、感謝に満たされてゆくのだ。『死ぬべきものが命にのまれてしまう』のである。

happenings ten years time ago

11月19日の記事「異常な気候、聞こう意見を」に書いた、佐賀新聞の取材、終了。


新年1月3日に出るらしい。
例の、正月の、あの、皆さんご存じの、分厚い新聞の束の、本編ではない方の、正月用の、折り込みの方に。



あれから10年。
10年は長過ぎる。
もう10年にもなるのか。
10年ひと昔。
何もかもが変化する、それが10年という月日だ。
子供達もみな成人した。
長男などは、もはやアラサーだ。
そういう私も、来たる3月12日(原発が爆発した日)、還暦を迎える。
体力の衰えは甚だしい。
老人と呼ばれてもおかしくはない。


なのに、原発と被害者の問題は何も変わっていない。
10年経っても。
そのギャップは、これからも広がる一方なのだろうか。


年が明ければ、福島原発事故被害救済九州訴訟も控訴審が始まる。
福岡高等裁判所での戦いが進む。



応援、支援、サポーター募集してます。
力を分けて下さると嬉しいです。
拡散も嬉しいです。

ちなみに、表題は、ヤードバーズの曲名から。


天使がひらひらと舞い降りて来てくれないかな

突然、プリンターが印刷出来なくなった!


大変だ、


毎週それなりの数を作る説教CDのレーベル印刷が出来ない。


ネットで調べると、ファームウエアを更新すると直るらしい。
やろうとすると、まずWIFIに繋げ、とプリンターの小さな画面がつぶやく。
WIFI経由でPCと繋いで印刷してるのにぃ?
しょうがないから言われるがままに、手動でアクセスポイントに接続。
よし、繋がった。
さあ、ファームウエアのアップデートだ。
いいぞ、ダウンロードが始まった。



なに?
ダウンロードに失敗しました?


なんでだ。
なんで勝手に失敗するんだ。


やり直しても失敗。
更にネットで調べて、
一回、電源を抜くといいらしいと知った。
やってみる。
うまくいかない。


どうすればいいんだろう。


かれこれインクジェットプリンターで苦労すること25年余り。
ぼくはもう、つかれたよ。

奇跡の意味(ダニエル6:16~23)

6:16 そこで、王が命令を出すと、ダニエルは連れ出され、獅子の穴に投げ込まれた。王はダニエルに話しかけて言った。「あなたがいつも仕えている神が、あなたをお救いになるように。」
6:17 一つの石が運ばれて来て、その穴の口に置かれた。王は王自身の印と貴人たちの印でそれを封印し、ダニエルについての処置が変えられないようにした。
6:18 こうして王は宮殿に帰り、一晩中断食をして、食事を持って来させなかった。また、眠けも催さなかった。
6:19 王は夜明けに日が輝き出すとすぐ、獅子の穴へ急いで行った。
6:20 その穴に近づくと、王は悲痛な声でダニエルに呼びかけ、ダニエルに言った。「生ける神のしもべダニエル。あなたがいつも仕えている神は、あなたを獅子から救うことができたか。」
6:21 すると、ダニエルは王に答えた。「王さま。永遠に生きられますように。
6:22 私の神は御使いを送り、獅子の口をふさいでくださったので、獅子は私に何の害も加えませんでした。それは私に罪のないことが神の前に認められたからです。王よ。私はあなたにも、何も悪いことをしていません。」
6:23 そこで王は非常に喜び、ダニエルをその穴から出せと命じた。ダニエルは穴から出されたが、彼に何の傷も認められなかった。彼が神に信頼していたからである。



 ダニエルがライオンに喰われなかったのは「神に信頼していたから」だと聖書は言う。では、迫害を受け、ライオンに喰われて死んでいった初代教会の信徒達は、神に信頼していなかったということだろうか。それは誰もが感じる疑問であろう。


 それではということで、ダニエルの為に王が断食祈祷した記事を見つけて「執り成しの祈りが秘訣だ」と考えるかもしれない。確かに、ペテロも教会の祈りによって牢獄から解放された(使徒12章)。しかし、では、その直前にヤコブが殺されたのは何故か。ペテロも最終的には殉教した。パウロは「死ぬことも益」(ピリピ1:21)と言っている。ならば何故、ダニエルのときには神はライオンの口を閉じたのか。そして、どうすれば今もその様な奇跡・助けを得ることが出来るのか。その様に考えるのが人情なのだろうとは思う。


 しかし、そもそも、旧約の奇跡を再現しなければならないという理由は無い。旧約はシルエットであり、そこに記された出来事の意味は新約にある。獅子とは、クリスチャンを地獄に引きずり落そうとするサタンのことだ(Ⅰペテロ5:8)。


 その方法は、神への信頼をぐらつかせることである。だから「堅く信仰に立て」と続く9節で言う。つまり、神への信頼が獅子(サタン)の牙から脱出する道だということだ。ダニエル書は、それを教えるのであるだからダニエルは偶像礼拝を拒んだ。獅子の穴に投げられると分かっていても、だ。それほどに神に信頼していたのである。そして救われた。ダニエル自身の言葉によれば「私に罪のないことが神の前に認められたから」だ。真の神のみを礼拝し信頼する、それが「信仰による義・救い」のシルエットなのだ


 とにかく、旧約の奇跡を再現する必要は無い大切なのは、その奇跡の意味を知るということなのだ。それは「神の前に罪が無いと認められた者は滅びの穴から救われる」ということだ。また、シャデラク達がそうであったように、神を信じる者が地獄の炎に焼かれることは無いということである。


 それが「信仰による救い」であり、その約束は必ず実現するその信頼を神に置け、ということだ。そうすれば、ダニエルの様に、何の傷も無い(新しい)体で、天国で、生きる者となる。